劇団ティルナノーグblog

劇団ティルナノーグのブログです。公演情報やドラマ・演劇情報など書いています。

劇団ティルナノーグの演劇は、家族、再生、絆、をテーマに、誰が観ても伝わりやすい物語を志しております。

フタがガラスのご飯釜

株式会社HARIOから発売されている、ガスでご飯が炊ける「フタがガラスのご飯釜」


フタがガラスのご飯釜


3合用の場合

1 研いで30分ほど水に浸けた米3合を釜に入れ、水600mlを入れる。

2 フタを閉めて8〜10分程度強火で加熱

3 フタの内側に泡が上がり、ホイッスルが鳴ったら火を止める

4 15分程蒸らしたら完成

おこげが作りたい場合は、ホイッスルが鳴ってから、そのまま3分間火にかけておく。

火加減調整が不要なのが良いな〜。
玄米も炊いてみたい。

□フタが耐熱ガラス製なので、炊き上がりの様子が見える。
□火加減の調節不要で、加熱時間10分!つやつやご飯が簡単に炊ける、直火用の炊飯土鍋。
□火をつけてから炊き上がりまで約25分(侵水時間除く)。炊き上がりをピーッと音で知らせるので、消し忘れがなく安心。
□土鍋ならではの蓄熱性の高さと遠赤外線効果で、粒が立ったふっくらごはん。沸騰後、火を止める時間を3分伸ばせば、
 香ばしい「おこげご飯」もできる。
□電気がない場所、使えない場合にもおいしく炊ける。
□萬古焼のご飯釜&耐熱ガラスフタ、「MADE IN JAPAN」。
□鍋ごと食卓に出せば、配膳もラク&テーブルコーディネートも楽しめ、フタを外せば、オーブンも使用できる。
★雑穀米や炊き込みご飯も。旬の食材を使った4つのレシピ付き。

広告を非表示にする