劇団ティルナノーグblog

劇団ティルナノーグのブログです。公演情報やドラマ・演劇情報など書いています。

劇団ティルナノーグの演劇は、家族、再生、絆、をテーマに、誰が観ても伝わりやすい物語を志しております。

山崎亨太

今日は観劇をしてきました。


『アーラェ アンゲリー的 十五少女漂流記』

劇場名称は池袋GEKIBA。

池袋に降り立つのは何ヶ月振りだろうか。

早めに駅に着いたので、芸術劇場前の喫煙所で一服してみた。

芸術劇場を見上げながら…向こうにある空を眺めながら、ゆっくりと煙草を燻らせる。

ガヤガヤとしている街なのに…何故だか寂しい気持ちが込み上げる。

二本の煙草を吸い、僕は劇場へと向かった。

極度な方向音痴な僕であるが…今日は一撃で劇場に到着。

来月に控えた『ウイスタリアの食卓』のキャストである中村伽奈美さんが出演されている舞台。

僕は三番手ぐらいで劇場に入り…一人の女性に声をかけられました。

『山崎さん、関係者席を御用意したので…こちらにどうぞ』

その気品溢れる女性は、今から始まる舞台の作家兼演出家さんでもある遠藤真理子さん。

自分の名前を覚えて戴けてるだけでも嬉しいのに…更に関係者席迄御用意してくださったのだ。

僕はビックリしながらも…申し訳無いと思いながらも…心が優しい気持ちに包まれました。

何て言うか…とても嬉しかった。

大袈裟かもしれないが…『ありがとうございます』と言いながら涙が出そうになった程。

気を使われたのが嬉しいとかじゃなくて…ん〜的確な言葉が見付からない。

観劇前から感謝の気持ちで一杯になる…こんな気持ちは初めてかもしれません。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

それから暫くして…芝居が始まりました。

キャストは殆どが女性…僕より10〜20歳は下の女性ばかり。

何て言うか…凄く雰囲気の良い舞台だった。

雰囲気…これって芝居を創る上で大切だと思うのです。

上手い役者ばかりを集めたから良い雰囲気が出せる訳じゃない…それは情熱であり魂であり人間なのではないだろうか。

それは演者達は勿論、スタッフさん、そして何より遠藤真理子さんが創り上げた雰囲気なのだろう。

劇団ティルナノーグ第の主宰を始めてから本公演を六作品…ライヴ作品を十二作品…未々未熟者であるし、僕は少人数だけしか仕切っていません。

しかし今回出会った人達は、大人数を仕切りながら素敵な雰囲気を醸し出していたのだ。

自分の未熟さを感じながら…若き表現者達のエネルギーを感じながら…僕は終始引き込まれっぱなしでした。

終演後に遠藤真理子さんと中村伽奈美さんに挨拶をし…僕は劇場を後に。

帰り際に中村さんが言いました。

『来月からも宜しくお願いします!全力で頑張りますから!』

素晴らしい空間をありがとうございました。

本当に本当にありがとうございました。


さて…劇団ティルナノーグ第六回公演『ウイスタリアの食卓』まで一ヶ月を切りました。

ここからは追い込みになります。

先程の中村さんも含め、今回は本当に素晴らしいキャストとスタッフが集まりました。

個々の魅力を引き出せる様、自分の全てを出せる様、演出家としても演者としても全力で走り抜けます。

待っていて下さい。


劇団ティルナノーグ第六回公演

『ウイスタリアの食卓』

作・演 山崎亨太

絵の具工場プティパを経営する高村浩二。
画家でもある彼の絵と色彩が、人々の繋がりを産み出していく。
彼等を待ち受ける未来とは…?

‡日時‡
5月18日〜20日(全5ステージ)

18日 19時
19日 14時 19時
20日 13時 17時

‡劇場‡
明石スタジオ

‡料金‡
前売り2500円
当日2800円


御予約は
shahn@mail.goo.ne.jp
迄御連絡下さい。

広告を非表示にする