読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団ティルナノーグblog

劇団ティルナノーグのブログです。公演情報やドラマ・演劇情報など書いています。

劇団ティルナノーグの演劇は、家族、再生、絆、をテーマに、誰が観ても伝わりやすい物語を志しております。

山崎亨太

また大分更新が遅くなってしまいました。



申し訳ありません。



最近、色々と考えてしまいます。

人間だから考えるなんて普通なんだけど…僕的には沢山考えるシーズンなのかもしれません。

別に冬だから…とかキザな事でもありません。

30歳を迎えてから3年が過ぎ、もう来年には34歳になります。

役者に対する情熱は枯れていないし…寧ろ大きく燃え上がっているのも実感しています。

でもやはり焦りがあるのです。

役者としての道…自分として道…うまく伝えられないのですが、色々と深く考えてしまいます。

自分が見えなくなっているのだろうか…大好きな芝居に触れているのに…何故だろう。

表現者って皆同じなのかな…自分の表現を認めて貰いたいと叫んでいるのだろうか…うん、きっとそうなのだろうな。

何か…何を書きたいか解らなくなってしまいました。

微妙な心情を伝えるのって難しいですね。

いや…自分の本心すら伝えるのって難しい。

役者なのに…執筆もしてるのに…33にもなって情けないです。




最近は色々と撮影をしていました。

弁護士役やら研修医役やら…色々な役を演じさせて戴きました。

毎回緊張感との戦い…大好きな世界であるが、やはり不安と緊張には苛まれます。

ブログでもよく書きますが…やはり起用して下さる方々の期待に応えたいのですね。

期待に応える…いや、出来れば期待以上のものを提示したいと思うものです。

これは表現だけに限らず…どんな仕事や場面においても同じです。
各監督やクライアントさん達は喜んで下さっていましたが…果たして期待に応えられたのかが不安なのです。

勿論本番中、各場面においては自信満々で演じ行動しています。

しかし前途した様に…本心や心情を伝えるのは難しいものです。

最近本当によく考えます。

役者として人間として…これは修行になっているのかもしれない…そう考えたい。

常に時は流れる…弱い自分や未熟な自分でも認めていかなければ前へと進めません。

未熟な自分を認めない人間に未来は無い…僕はそう思って生きています…そう思い歩いていきたい。

何だか纏まりの無い内容で申し訳ありません。

さて…撮影も終わったし、18日のティルノグライヴの構成を考えたいと思います。


まだ座席に余裕がありますので、もし御時間ある方は気軽に遊びに来てください。


ティルノグライヴ#8

会場‡吉祥

広告を非表示にする