劇団ティルナノーグblog

劇団ティルナノーグのブログです。公演情報やドラマ・演劇情報など書いています。

劇団ティルナノーグの演劇は、家族、再生、絆、をテーマに、誰が観ても伝わりやすい物語を志しております。

山崎亨太

Manannan Mac Lir-ティア7.jpg
僕の目標の一つである『ザ・スズナリ』へと観劇に行ってきました。


やはり良いですね。


勿論芝居も素晴らしかったですが…やはりあのレトロ感が堪りません。


下北沢らしい臭いがプンプンすると言うか…。


芝居臭がプンプンすると言うか…。


いつか来てやるぞ〜っ…て思ったら力が湧いてきました。




話が前後しますが…開演前は劇場前の焼き鳥屋さんへ行きました。


ここもまた古い感じのお店でしてね。


やはり焼とんは最高です。


観劇前だからウーロン茶を頼みましたが…こういったレトロな店でぐでんぐでんになってみたいなあ…なんて事を考えました。


下北沢は落ち着ける…と言うか何か悪い雰囲気を感じないんですね。


街中みんなファミリーだぜって感じ(笑)


個性が強そうな人が多いんだけど…でも御互いに暗黙で認め合っているというか。


自分の方が凄いと言うのは簡単で愚かである。

凄いかどうかの評価は、観て感じてくれた御客様の感性。

表現法にプライドを持つのは大切だが…決して自惚れてはいけない。

才能なんて言葉は嫌いです。

感性が優れている…この言葉も嫌いです。

全て御客様に感じて戴く事。

どの声や音で台詞を発するか…どの態勢で台詞を発するか…どうやったら御客様に伝わるかを考え努力するのが役者です。

言い訳なんてしていたら先はありません。



本や台詞にケチをつける役者は嫌いです。

僕が本も書いているから言う訳ではありません。

昔から大嫌いな事です。

肉体を使って表現するのが役者…ケチをつけた時点で敗けだと思います。

役者のポジションはスタッフよりも下です。

御客様より下です。

舞台よりも下です。

役者とは舞台とスタッフと御客様によって生かされています。



常に感謝の気持ちを持つ事。

常に努力を怠ったらいけません。



いつか下北沢の舞台に立ちたい。

気合い入れよう。

広告を非表示にする